gentle avenger の冒険

キュウレンジャーの感想を心の話を軸に書いてます!セイ!ザ!チェンジ!!!!

キュウレンジャー第6話「はばたけ!ダンシングスター!」感想 ールールや努力は“善”ではないのか?ー

ラッキーは運だけの男じゃないけぇ!!!!!!!!!!!!!!ワンワン!!!!!!!!!三十六です!!!!!!

 

今回のキュウレンジャーはマジですごかった!すごすぎた!!キュウレンジャーを見ている時の私は、「すげー!」としか言えない壊れ切ったレディオゥと化していた!!!!!

いやね、私もラッキーラッキー言うてますけど、正直怖い所はあるんですよ。「こんなにすごいのがずっと続くものだろうか…?なんか今回ダンスがどうのでギャグ回っぽいけど、どうなんかな…?*1」と。

 

でも、デンビルが出てきて「ダイカーン・デンビル様のルールを守るのだー!」って言った瞬間、鳥肌が立ちましたね。「それを敵に言わせるかよ!!!!!!」と!!!!!!!!!

そして、「ジャークマターとは、“恐れから子ども(他人)の領域に踏み込んでしまう人の弱さ”のメタファーなのか…?」と考えた時、「宇宙が心なき者の手に落ち、人々が涙する時、キュータマに選ばれた9人の救世主が宇宙を救う!!!オーーーオーオーーー♪オーーーオーオーーー♪」って流れてきて、魂が震えましたね…。

気付けば私は、「そうだ、それが正義だ!!!それがヒーローなんだ!!!!!!」と、涙を浮かべながらOPを熱唱していました…。

 

 

gentle-avenger.hatenablog.com

 

 今回は、↑この辺で私が書いてきたようなことがガルやショウさんによって解説されていました。

ラッキーがラッキーなのは必然なんだよ!って話は今までクドクドクドクドクドクドクドクド書いてきたので、今回は省略します。

 

「ルールを守れ!」は悪なのか?

今回のダイカーン、デンビルが言っている「ルールを守れ!」は何故いけないのでしょうか。*2

 

「ルールを守れ!」は家庭で、学校で、職場で、およそ集団生活を送る上で“善”として存在しています。

何故、その“善”を悪役が声高に叫ぶのでしょうか?

何故、ラッキーは「みんなの自由を奪うなんてゆるさーーーん!!!!」と言ったのでしょうか?集団生活でみんなが自由にふるまったら、大変なことになります。事実、集団行動ができなかったキュウレンジャーは、一度はデンビルに惨敗しました。

 

その後、ラッキーたちが出した答えはなんだったのでしょうか?リーダーを決めて、皆がルールを守るようにして、デンビルと同じ道をたどったのでしょうか?


今回の話で語られているのは、「厳しすぎるルールはよくないよ!」というレベルの話じゃぁねーんですよ。


努力するハミィ

なんと。若者言葉を駆使して、一見テキトーで自由そうに見えるハミィが、自由すぎるラッキーに対して不信感をもっていました。*3

お前も真面目さをテキトーっぽさで塗り込めて誤魔化すタイプだったか!ハミィ!!!!わかるぞ!!!!!!!!

 

「私は忍びの家系の娘として生まれて、立派な忍びになるためにずーーーっと努力してきたキュウレンジャーになってからも同じ!どんなに苦しくても歯を食いしばって頑張ってきた!絶対にジャークマターを倒すために!だから!どんなにすごくても運だけで生きてきたような男についていくなんてできない!」

とハミィは自分の気持ちを吐露しました。

 

はい、またです。

努力をしてきたハミィの何が間違っていたのでしょうか?目標を達成するために歯を食いしばって努力してきたなんて、それは「オッキュ~!!!!!!」じゃないんでしょうか?努力は“善”ではないのでしょうか?

キュウレンジャー、我々の“常識”にズバズバ切り込んできます。

 

ハミィは、忍びの家系に生まれて、立派な忍びとなることを嘱望されました。

立派な忍びになら ね ば な ら な い のです。ジャークマターを倒さ ね ば な ら な い のです。
誰が決めたのでしょうか?少なくともハミィではありません。立派な忍びになることも、ジャークマターを倒すことも、ハミィがしたいことではありません。だから、努力しなければいけないのです。

 

努力するからには、結果を出さなくてはいけない。結果を出すためには、無駄なことはしていられないのです。

だから、ハミィはダンスの練習をさっさとやめてしまった。そんな、結果が出るか出ないかわからないことに時間を割いている暇はないのです。

そんなことをしていたら、他の誰かに追い抜かれてしまう。出し抜かれてしまう。

 

努力をする人は、自分自身ではなく、人の基準で物事に取り組んでいます。

人の基準で取り組んでいるから、客観的な結果を欲しがります。

客観的な結果とは、人と自分を比べて、ランク付けすることです。

ハミィが言った「そんなことより、リーダーどうなったの?誰が一番だった?」というセリフは象徴的です。

この時点でのハミィは、デンビルの下でマスゲームやってるチキュウ人と同じ状態にあったのです。

 

自由に楽しむラッキー

ラッキーは自分自身を生きています。自分がしたければするし、したくなければしない。シンプルです。

 

「ジャークマターをぶっ倒したい!」からジャークマターをぶっ倒すし、なんかペガさんに振り回されながらダンス練習するのも、「オレ、すっげぇ楽しくなってきた!」から「絶対乗りこなしてみせる!」と、何時間でもダンス練習を続けるのです。

自分がしたいことをしているから、楽しいのです。したいことをしている時点で目的は達成されているから結果を求めてはいないけど、結果的に結果はついてくるのです。(なるつもりは別になかったけど結果的にペガサスシシレッドになれた。)

努力せずに楽しんでいるだけの奴に、結果はついてくるのです。
ラッキーはそれを「よっしゃラッキーーー!!!!!」と、言っているのです。え…なにそれマジ謙虚…。

 

その結果だけを欲しがって、努力している人間が努力でもって楽しんでいる奴に追い付こうとしても到底無理です。

楽しんでやっている奴に、努力で勝つことはできないのです。
そもそも、楽しんでやってる奴は勝ち負けとかランク付けとか、そういう発想もない。だって楽しいから!!!!!!!!(IQ3)

それが、結果ではなく過程を大事にするということなのです。


自分自身になれ

みんながみんな、ラッキーのように自分自身を生きて自由にふるまったら、集団は崩壊してしまうのでしょうか?
まぁ、そうなりそうな気はしますよね。
だって、ルールがあっても、そのルールさえ守れない奴がいるのに、ルールを取っ払ってしまったら、どうなってしまうのでしょうか?北斗の拳的世界が現れるのでしょうか?

 

「ルールを守れ!」は家庭で、学校で、職場で、およそ集団生活を送る上で“善”として存在しています。

しかし、それらは「ルールを守ろう!」と、一見それぞれの自主性に委ねられているような形をとりながらも、実際にはルールを守るか守らないかを選択する余地はありません。
そして、ルールには大抵、恣意性が加わります。親や教師や上司…それを運用する側の機嫌ひとつで、ルールの適用範囲やルール自体が変動するのです。(そしてそれは仕方のないことです。)


ルールを守るには努力が必要です。自分のしたいこととルールが合致することはまれだからです。*4

ルールとは“強制されるもの”であり、ほとんどの場合“自分のしたいことを否定するもの”なのです。

人間、強制されたら反発します。強制は、(その意図がどんなものであれ)自分自身に対する侵略行為であり、強制に対しては自分を守る戦いをしなくてはいけないのです。

それが、“ルールを守らない”です。*5

ルールに従う人間は、強制に対する反発を抑え込むために、“努力”するのです。

 

ちなみに、強制には人の目を気にして自分が行う“セルフ強制”もございます。
その服は、人から馬鹿にされたくないから買ったのか?自分が好きだから買ったのか?
子どもと遊びに行くのは、それが親の義務だから行くのか?自分が楽しいから行くのか?
授乳中にオギャーの目を見なくてはいけないのか?見たいのか?
泣き叫ぶオギャーを、用事がある中抱っこしなくてはいけないのか?抱っこしたいのか?
日常生活のすべてを、自分で選ぶのです。頭の中でゴジャゴジャ言ってくる奴らをぶっ殺しまくって、自分で選ぶのです。*6

 

閑話休題

ハミィは、ダンスの練習をし続けるラッキーを見て「楽しそう。」と言いました。

楽しさで、自分がやりたいかやりたくないかで、自分のすることを決めていいのだと気づいたのです。

その時、ハミィは「立派な忍びとかキュウレンジャーとかマジウケる!私は好きにやるしーーーー!!!!!!シクヨローーーーーーーー!!!!!!!」と、キュウレンジャーを離脱したでしょうか?

 

しませんでした。

忍びの家系に生まれて、立派な忍びにならねばならないのではなかったのです。父や母や里の者(知らんけど)の期待に応えたかったのです。

キュウレンジャーとして、絶対にジャークマターを倒さねばならないのではなかったのです。キュウレンジャーとして、ジャークマターをぶっ倒したかったのです。

ハミィは、自分で選びなおしたのです。やってることは変わっていません。でも、ハミィにとっては全く違うのです。


選択が完全に自分に委ねられた時、自由な時、人は意外と集団に適応的なもんです。
自分の自由を守りたいから、したいことをしていたいから、相手の自由に踏み込む真似はしないのです。
自分のしたいことに人の協力が必要だったら人に頼むし*7、自分のしたいことで不具合が起きたら自分でケツを拭くのです*8
それが、自他の境界線を引くという事だし、自分の言動に責任を持つという事だし、他人の領域に土足で踏み込まないという事だし、自分も相手も大切にするという事だし、人の迷惑考えるという事なのです。*9
ルールがあるから、責任感や和が生まれるのではないのです。自由だから責任感や和が生まれるのです。


「ルールを守れ!」に依らない集団とは?

「俺が俺が」で集団行動ができず、デンビルに惨敗したラッキーたちが出した結論、ラッキーたちが選んだ集団の在り方とは、どのようなものだったのでしょうか?

それは、

それぞれが、自分のしたいこと(ジャークマターをぶっ倒す)を、楽しんでやる!そのために息を合わせる!

でした。

 

「みんなァ!!!!楽しんでいくぞーー!!!!!!」と、楽しくダンスしながら敵をぶっ倒しているラッキーたちを見て、デンビルもつられて踊っていました。
本当は、デンビルだって楽しく自分の好きなことをしていたいのです。
デンビルも、自分の好きなことをしていなくて、楽しくないから、チキュウ人にルールを強制しなくてはいけないのです。*10
そして、デンビルにとって過程は結果のための手段でしかないので、結果が手に入らないと見るや、自ら過程(自分のモットーだった「ルールを守れ!」)を投げ捨ててしまうのです。


それぞれが、自分の意志でしたいことを楽しみながらしている集団に、強制されている集団が勝てる訳はないのです。
強制されて、お互いを比べあって、ランク付けし合いながら結果をだそうとするのではなく、一人一人が宇宙に輝くスターとして*11、自分の責任で、覚悟を決めて、同じ夢に向かって楽しむ。それが、ラッキーたちの選んだ集団の在り方です。

 

スターは9人の救世主だけか?

ラッキーは最後に「キュウレンジャーにリーダーはいらねぇよ!みんな一人一人がスターなんだからな!」と言いましたが、なにもキュウレンジャーの面々だけがスターなのではないのです。

チキュウ人だって、キュウレンジャーを見ている私達だって、デンビルだって、みんなスターなのです。

 

スターなのに、輝いていないのは何故でしょうか?

自分と人とを、正しさの鎖で縛りつけているから輝いていないのかもしれない。

その鎖の下に、輝く自分自身があることを知らずに。

 

スターーーーーーだぞーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!この世に生を受けた奴らはあまねくスターーーーーーーーーなんやーーーーーーーーー!!!!!!!!!輝け!!!!!!!!!!自分自身を生きて輝くんや!!!!!!!!!!!!

 

子どもに見せたい作品とは

私にとってキュウレンジャーは“子供に見せたい作品”です。
私が子どもに見せたい作品というのは、「発達段階的にこういう事を理解してほしいから…。わかりやすい言葉と表現で…。」と、作り手が勝手に決めた子供のレベルに沿って作ったものではないのです。
大人が、作品の中で語った“自分の出した答え”が必ず子供に届くと信じて、本気で楽しみながら作った作品を、私は子供に見せたい。
キュウレンジャーはそんな作品です。
キュウレンジャーには、作り手の生き様を感じるのです。

 

その生き様に、私も生き様で応えたい!!!!!!!!!!!!

そう思わせてくれるのがキュウレンジャーなのです!!!!!!!!!!!!!

(おしまい)

 

 

▼自分自身を生きた軌跡、それが生き様!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

*1:まぁ、毎回ギャグ回で、ギャグしながらすさまじく深いこと言ってるんですが。キュウレンジャーは。

*2:これを悪役に言わせるなんて、作り手が視聴者を信じて覚悟を決めていないと絶!対!無!理!!!!!その覚悟、受け止めるのさ!!!!!夢ごと感動ごとォォォォ!!!!!!!!

*3:やはりグリーンはレッドを受け入れるのに時間がかかるようです。

*4:努力無用でルールが守れる場合もなくはないと思います。掃除が好きで好きで仕方ねぇ奴と「そうじはきちんとしましょう」というルール、とか。

*5:“グレる”とか“病む”とかも自分を守る戦いです。

*6:ぶっ殺し方はリンク先を読んで考えてくれ!そこまで書いていたら10000字超える。 キュウレンジャー第5話「9人の究極の救世主」感想 ー夢を諦めないとはー - gentle avenger の冒険

*7:とっととしたいことしたいから期待(=黙って察してくれるのを待つ)しない。期待してたらいつまでたってもしたいことできない。

*8:自分でケツを拭いてでもしたい。

*9:今パッと思いつかないけど、他にもいろいろな言葉で説明されています。

*10:自分が好きなことをしていて楽しかったら、人の領域に踏み込んでいる暇はない。自分だけ、したくもない努力をして損したくないから、人にも同じ損を強制するのです。

*11:「宇宙に輝くスターにも一等星二等星…ってランクがあるよね?」とか言ってる奴は前に出ろ!!!!!!!!そういう所だぞ!!!!!