gentle avenger の冒険

キュウレンジャーの感想を心の話を軸に書いてます!セイ!ザ!チェンジ!!!!

上下関係の世界に自己肯定感は芽生えるか

お久しぶりです!!!!!!!三十六でっす!!!!!!!!

ハイテンション且つハイペースでブログを更新してたから、BURN BURN BURNしてスターダストになっちゃったのかな?とお思いでしたか?

違うぜ!!!!俺は!!!!!獅子座流星群だーーーーーーーー!!!!!!!!!

 

うちのボクが春休みに入って予定が目白押し且つスーパー睡眠不足になっちゃって「ブログより今は睡眠…!!!」ってなってただけだよーーーーーー!、!!!!!!

 

人の役に立ちたい

とはいえ、他にもブログを書く手が止まっていた理由はあります。

それは、「人の役に立つブログを書きたぁ〜〜〜い♡♡♡!!!」という邪念に捕らわれていたからです。

一見いいこと風ですね。最高じゃないですか。そりゃあ誰だって人の役に立ちたい。「ブログが役に立ったよ!」って言われたら「えっマジ!?じゃあもっと役に立つやつ書くね!」となるのが人間ですわ。

 

役に立つブログを書きたい私の意識は

「役に立つエントリを書きたい。私の考え方は人の役に立つ。どう書けばより伝わるのか?私の考え方を分かってもらえるのか?変わってもらえるのか?」

という方向へ流れていきました。

ここから、「みんな分かってない!分かってないのダメ!」までは一歩もありません。もはや私は、完全に“◯分かってる/×分かってない”で人を見る領域に足を踏み込んでいました。

「あっ、この人は“分かってない”。だからダメ。」という目で他人を見始めていました。*1

「人の役に立ちたい」がきっかけで、上下関係で人を見る癖が戻ってきたのです。

 

そうすると、どうなるでしょうか。

人からの視線に「この人(三十六)は分かってない。この人はダメ。」を強烈に感じ出すのです。

 

人の視線=自分の視線

人の内面は、所詮どこまでいっても不可知です。不可知なものを“理解”するためには、自分の中にある材料で当て推量するしかないのです。

自分の考え方感じ方をピースにして、人の考え方感じ方というジグゾーパズルを完成させる事で、人の考え方感じ方を理解 し た 気 になるのです。

で、その時に、自分の気に入ってないピースを人に使うんですよ。

 

今回の私で言えば「あー!どいつもこいつも分かってねぇー!みんな聞け!私がいい事教えてやる!」です。このピース、自分のジグゾーパズルには使いたくない。「だってワイっていい人なんだもん♡だから、このピースは人のジグゾーパズルの方に使っちゃお♡」ですよ。

その結果、人の視線に「あー!この三十六って奴は分かってねぇー!」を感じ始め、それに対して「うるせぇ!分かってねぇのはお前だ!やんのかコラ!!!!」と、虚しい独り相撲をノコッタノコッタしてた訳です。(※すべて脳内)

 

こうやって書くとなかなか愉快ですけどね。ようは世界に対して怯えてるってことなんでなかなかしんどいんですよ。

 

そもそも役に立ってるのか

たまたま今日読んだブログに書いてあったんですけど、商品のキャッチコピーを考える時には3つのnotを意識するそうです。

  • 読まない(Not Read)
  • 信じない(Not Believe)
  • 行動しない(Not Act)

客は俺のキャッチコピーなんて読まねぇし!信じねぇし!まして行動なんて起こさねぇ!…って前提で書くんだそうです。

 

 これ、なんだってそうですよね。似たようなことを漫画の書き方指南みたいなのでもよく読みますよ。「お前の漫画が雑誌に載ったとして、読者にパラパラ読み飛ばされねぇ仕掛けがお前の漫画にはしてあるのか!?」みたいな。

 

ブログだってそうなんですよ。基本、読まれないし、書いてることは信じられないし、まして読者は行動なんて起こさない。

「ブログが役に立ったよ!」って言ってくれた人はなぁ、「ブログが役に立ったよ!」って言ってくれた人はなぁ〜〜、「自分は成長する」って覚悟が決まってるから、俺のブログがなくたってどの道俺のブログに書いてるようなことには気付く人なんだよォォーーーー!!!!!!そいつの覚悟がすごいだけで、別に俺の手柄でもなんでもなかったんだよォォーーーーー!!!!!!!!

ぐわぁぁぁぁーーーーーーー!!!!!!!ほっぺから火がふいちまうぜーーーーー!!!!!!!

馬を水辺に連れては行けても、馬に水を飲む気がなけりゃ馬に水を飲ますことはできねぇんだよォォォォーーーー!!!!!!

 

ウッウッウッ…_:(´ཀ`」 ∠):_それなのに俺ときたら、俺ときたら…!!!!!!

俺のブログなんて誰も読んでねぇし誰も信じねぇし誰も行動起こさねぇんだよ…ウッウッウッ…_:(´ཀ`」 ∠):_(血涙)

 

でも、俺のブログを読みこんで、ブログに書いてあることを信じて、ブログをきっかけに行動を起こす読者がー…「いるさっ!ここに1人な!!!!!」

俺だ俺だ俺だ俺だーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!

 

そう。結局どこまでも自分に向けて、自分のために書くしかないのです。

人は人で、もう既にオッキューなんです。なるようになっているのです。「成長したい、変わりたい」と思うのはナイスだけど、別に今で既にオッキューなんです。*2

ひたすら、自分はどう変わりたいのか、どう変わっていってるのかを、ブログに書き綴ることで、己を支える礎(いしずえ)とせんかい!!!!!って話だったのです。

 

その結果、それを読んだ人が「役に立ったよ!」って言ってくれるかもしれない。

でも、それはその人の覚悟が決まってるから役に立っただけなんです。別に、私のブログがなきゃないで、他の何かをきっかけに変わる力が既にある人なんです。

人を変える力なんて、私には最初からなかった。私には、私を変える力しかないのです。

 

上下関係の世界で人は自由に生きられない

てなわけで、私の思い上がりから始まった迷走はこれにて一件落着。

上下関係で人を視ると、人から攻撃される…とかって書くと、フォースの修行かなにかの話ですか?って感じだけど、私は今回のことで痛感しましたわ。

「みんな違ってみんないい」は綺麗事じゃない。この感覚を常に維持してないと、自分自身を生きられない。

そんで、この感覚は肉体的な疲労でも結構揺らぐ。

 

結論。寝不足よくない。

(おしまい)

 

 

▼眠い時は!!!!寝よう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

*1:勿論、自覚できるかできないかギリギリのレベルで。

*2:この視点を自分に当てはめると、“ありのままの自分を認める”とか“自己肯定感”とかになりますね。人の在り方を否定して、自分の在り方だけ肯定しようとしても無理です。人の在り方も自分の在り方も、いいところ悪いところ合わせて全部オッキュー!と言えて初めて自己肯定できるのです。