読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gentle avenger の冒険

キュウレンジャーの感想を心の話を軸に書いてます!セイ!ザ!チェンジ!!!!

方針転換のおしらせ

どうもこんにちは。三十六です。

ブログの方針転換のお知らせです。

 

ブログ、愛してる

心の話を軸にしてキュウレンジャーの感想を書くというこのブログ。

「女性が興味を持つ(傾向のある)心の話と、男性が興味を持つ(傾向のある)特撮を合体させて、ブルーオーシャン〜〜〜〜!!!!!ブルーオーシャンかつプライベートビーチ〜〜〜〜!!!!!俺しか泳いでねぇ〜〜〜〜〜!!!!!」と思っていましたが、ありがたいことに最近ではブログの感想を頂いたり、ブログを通じて友達ができたりしております。

 

頭の中で漠然と考えている事を文章にすることで、自分の進むべき方向を明確にすることもできていました。

季節の変わり目、肉体的な疲労で、ベストな在り方からズレてしまった時、過去のエントリを読んで自分のズレを意識したりもできました。

言うなればブログは私のポーラースターです。

 

文章書くのむずかちい

が、ブログで扱う内容が深くなっていくにつれて、エントリを書くスピードがどんどん落ちてきました。

深い内容のエントリを書くというのは、頭の中に3Dで存在するものを、文章という2Dに変換するような感覚です。

3Dから2Dにそのまま変換したら、裏っ側で繋がっている部分が見えなくなって論理的に繋がらなくなるので、2Dで再構成しなおす…みたいなイメージなのですが、こっ!れっ!がっ!脳が煮えそうに難しい。

「頭の中ではあっさり繋がってる部分が、文章にしようとすると、ものすごく遠回りしなければ繋がらない。どうにか最短距離で繋げないか…うーんうーん…」なんてやってると、2時間3時間平気で経ってしまうのです。

 

そして、そうやってこねくり回したエントリはなんか固くて、勢いがない…。あんだけ苦労しておもろないんかい…感。

勢いがあるエントリを書けている時ってのは、多少の論の繋がらなさは気にしない、読み手を信じていられるコンディションってことなのかもしれません。

 

自分自身を生きる、それから?

人が作品で語ったテーマを切り取って、むき出しの結論だけを語ることにも違和感を感じてきました。

キュウレンジャーは、私が長年目指してきた心の在り方(自分自身を生きる)が描かれている作品です。

私は10年以上、それ(自分自身を生きる)を目標に生きてきました。でも最近、それは目標ではなく、手段だということが分かりました。

それは、自分の夢を叶えるための心の在り方なんです。それがあって初めて、夢に向かって歩き出せるツールだったのです。

目標だと思っていた所に辿り着いたら、そのまた向こうに目標があった。私の冒険はまだまだ終わらないのです。

キュウレンジャーは自分自身を生きて、宇宙を取り戻す。では、私は自分自身を生きて、何をしたいのか?

 

今までのエントリでも隠しきれていませんでしたが、私にとって、それは漫画です。漫画なんです。私は漫画を諦めきれない。

キュウレンジャーで語られていることを切り出して、むき出しの結論として解説するのではなく、私も自分の作品でそれを語りたい。テーマとして沈潜させたい。

だから、ブログに充てている時間を、漫画に充てたいのです。

 

結論

だから、ブログは不定期更新にします。

11話感想・後半は脳を茹でまくって近々更新しますので、読んでね!